インターホンが壊れる原因を知って修理しよう
ロゴ

Repairing.com

インターホンの不調は早急に解決!修理業者に依頼しよう

家のインターホンは壊れていませんか?

チャイム音が小さかったり、声が聞こえにくいなどの不具合は故障の前兆かもしれません。自宅のインターホンに気になる点があれば、早めに交換や修理をしましょう。

どうして?インターホンが壊れる原因BEST3

no.1

意外と知られていないインターホンの寿命

屋外設置を予想して作られているため、丈夫で壊れにくいインターホンですが、約10年が寿命と言われています。長く使うとどうしても不具合が起きやすく、故障することも多いです。

no.2

天候により故障する場合があります

降水量が多く、冬場の寒さが厳しい地域では、凍結などで接触不良を起こす場合があります。不安な時はカバーをかけるなど、簡単な予防をしておくと安心です。

no.3

マンションにありがちな漏電

マンションなどの集合住宅では、共用部にコードが集まっていることが多いです。そこに虫や雨が入り込んでしまうと、漏電を起こし上手く動作しなくなる恐れがあります。

インターホンが壊れる原因を知って修理しよう

玄関

壊れたインターホンを放置しない

チャイム音や相手の声が聞こえにくいと感じても、あまり緊急性を感じずに放置してしまう人は多いですが、早めに依頼すれば修理で済む場合でも、放置したことにより全体を交換しなければいけなくなることもあるのです。不具合を感じたら、放置せず早めに修理を依頼しましょう。

異変を感じたら修理に出そう

モニターが上手く写らないことがあったり、いつもより音が小さく聞こえるなど、何か異変を感じたら早めに修理に出すことが大切です。どこの会社のインターホンか分からなくても相談できる業者も多くあります。

インターホンの修理サイトが便利

業者に修理を申し込む場合、修理サイトを活用すると効率的です。それぞれの業者のサービス内容や値段を一括で比較出来ますし、サイトならば24時間受け付けを行ってくれるため、修理までの対応が早いです。

業者に依頼する場合と自分で修理する場合

最新機能のインターホンは業務に依頼しましょう

新しいインターホンは、自分で修理することが難しいほど内部が複雑な場合があります。分からない時は無理に触らずに、業者に依頼しましょう。

簡単なプラグや電池交換は可能です

プラグを差して利用するインターホンは、配線を繋ぎ直したり、切断面を修理するだけで良いことがあります。また、乾電池を交換するなど、簡単な修理で済む場合は自分で作業することが可能です。

広告募集中